人数の点での家族葬の特徴

家族形態も大きく異なってきており、核家族化や高齢化社会の到来によって、葬儀のスタイルも変化してきています。大がかりな葬儀ではなく、もっと小さな形式で行いたいと希望する方が増えてきています。そのため、大掛かりな一般葬ではなく家族葬を選択する家族も多くなってきています。

家族葬とは、少人数で行う葬儀の形式が大きな特徴となっています。参列者が多い従来のスタイルでは費用がかかる、参列者の方々への対応が大変なので避けたい方には好まれています。

家族葬と呼ばれるこのスタイルですが、単に家族だけで葬儀を行うのではなく、故人が生前に親しくしていた方なども参列者として含まれています。全体的には10人程度から多くなると30人程度で葬儀を行っていきます。ただ10人よりも少ない家族葬を行うこともあり、家族数人だけで葬儀をするケースも見られます。そのため、ごく少人数から30人程度の比較的大人数での葬儀までを希望する場合には、家族葬を選択するといいでしょう。

核家族化が進み、今後は親戚の数も少なくなっていくことが予想されます。そのため、葬儀も家族葬を選択する方が増えていくものと予想されます。費用も抑えられるため、メリットがある点も魅力となっています。また通常の葬儀では参列者の方への対応に追われてしまい、悲しみを抱きながら対応をすることに対して苦痛を感じてしまう方もいます。そういったことを避け、リラックスしたムードで葬儀を行えることも、少人数でできる家族葬ならではの魅力ではないでしょうか。