家族葬と密葬との違いについて

少人数で葬儀を執り行うことで採用する人が増えている家族葬ですが、密葬と似ている点もあり、同じ形式の葬儀だと思っている人も少なくありません。今後葬儀を行う場合に備えて、密葬との違いを理解しておく必要があります。

家族葬では、通夜はカットせずに行いますし、告別式も同様に行われます。そのため、一般のより参列者が多い葬儀とスタイルは変わりません。通夜や告別式といったイベントをカットせず、従来の葬儀と同じように行いたい、ただ家族や故人と特に親しかった友人などだけで葬儀を行いたい方に適している形式です。

密葬では葬儀は身内だけで行うのが一般的です。公式な告知は葬儀後に伝えることになります。また後日に本葬を行うようになっています。火葬のみを先に済ませておきその後に本葬を行う、また通夜や葬儀を身内だけで行い、その後に密葬が行わるケースもあります。

密葬の大きな特徴として、葬儀のすべてを一度に行ってしまうと困るような状況の方の場合に行われることが多いといえます。密葬を身内だけで行っておき火葬を済ませておきます。後日に葬儀と告別式を行うのが一般的です。芸能人や有名な企業の社長などでは比較的密葬を行うことが多いものです。

少人数で葬儀を行いたい、通夜や告別式なども行いたいという場合には家族葬を選択することになります。密葬は通常の葬儀ではあまり選択することはありません。より少人数で葬儀を行いたい場合、小さな家族葬といったプランが葬儀社の中に見られるようになってきました。この小さな家族葬ではよりコンパクトに葬儀ができます。