家族葬は小さな葬儀のスタイル

家族葬はこぢんまりとアットホームな雰囲気の中で、仲間内だけで葬儀を行うことができます。費用を抑えることができる点も魅力的ですが、ただ注意しておきたいことがあります。注意したい点も家族葬の特徴的なところですが、この点をしっかりと理解しておくことが重要です。

葬儀を行う前に、声掛けをしなかった方への配慮をしておく必要があります。家族や故人とごく親しい友人だけで葬儀を行うために、声掛けをしない方も出てきます。失礼にも思われることもあるため、その前に家族葬を行うことに対して理解をしていただいておくことが大切です。家族葬の小さなスタイルで見られる点ですが、ただ最近では小さな葬儀を行う方が多くなってきており、理解されやすい状況になっています。

家族やごく親しい個人だけで葬儀を行いながらも、葬儀の後にお別れ会を設けてもいいのではないでしょうか。そうすれば声掛けされなかった方も気持ちの整理ができることでしょう。故人と親しい方が少ない場合にはお別れ会を開く必要はありませんが、多くいた場合には開くことを検討します。お別れ会を開かなければならない、また声掛けしない方が多くなるような場合には家族葬ではなく一般葬を選択したほうがベターです。

声掛けをしない方への配慮に時間がかかってしまうような場合は一般葬の方がかえってスムーズです。家族葬はごく少人数だけで葬儀を行っても問題ないという際に選択をした方がいいでしょう。無理をせず、周囲の方に対して失礼のないように葬儀のプランは適切に選んでいくことが大切です。