家族葬でかかる費用について

今後のことを考える時に重要なことが、葬儀をどのような形式で行なうかということです。亡くなる前に準備をしておけば、家族や周囲の方への配慮にもなります。これに関しては様々なスタイルがありますが、中でも核家族化と高齢化社会を反映してか、人気が高いのが家族葬です。小さな葬儀のスタイルですが、前もってどの程度の費用が掛かるのか知っておくといいでしょう。

家族葬を選択する場合の費用としては、葬儀を行うことに対して費用、飲食の際の接待費、さらに寺院に向けて支払う費用の3つが基本となっています。まず葬儀を行うことに対してかかる費用ですが、葬儀社に支払う葬儀代として、通夜や告別式を行うためにかかる費用があります。また棺や祭壇準備費用といったものも費用として掛かります。これらはどの葬儀社で依頼をしてもかかるものですが、料金は葬儀社によって多少異なります。

接待に関する費用としては、通夜振る舞いや精進落としといったものがかかります。また会葬者や親族、友人など振る舞う際の飲食代も費用として掛かります。さらに寺院に対して払う費用としては、御布施や戒名代などがあります。このように項目を見てみるだけでも費用は結構掛かります。

しかし家族葬については、参列者の人数が比較的少ないこともあって飲食での接待費用が一般葬と比較すると低くなります。そのため一般葬よりも費用を抑えたいという方は家族葬が適しているといえます。家族葬では告別式や通夜を行うため、一般葬と同じ内容なので、費用を抑えながらも安心感を得ることができます。